ステップ1 売却依頼の仕方(形態)について

不動産の売却依頼形態には以下の3つの形態。があります
不動産業者に物件の売却を依頼する場合は、以下のいずれかの契約を締結し売却を依頼することになります。
 
●専任媒介契約
物件の売却を1社の不動産業者に限定して依頼する媒介依頼契約(物件売却依頼の契約)です
 
●一般媒介契約
物件の売却を重ねて何社にも依頼する媒介依頼契約(物件売却依頼の契約)です
 
以上、2つの売却依頼形態は依頼者が自分で買い手を見つけた場合は、不動産業者を介さず売買できますが、この他、依頼者が自分で買い手を見つけた場合にも限定して売却を依頼した不動産業者を介して契約することを定めた、●専属専任媒介契約、があります
 
Q&A
Q、重ねて何社にも依頼できる<一般媒介契約>の方が売却しやすいのでしょうか?
A、<専任媒介契約>により1社に売却を依頼した場合でも、
売却依頼を受けた不動産業者は不動産流通機構に売却依頼を受けた物件を登録するため、他の不動産業者にも物件情報が流れる仕組みになっています。
このため、専任媒介契約により1社に売却を依頼した方が、個人で何社にも依頼することなく、専任の1社を窓口にして多くの不動産業者により買い手を探索されることになりスムーズに売却を進められる事の方が多いと言えます。(ステップ3 もご参照ください)


もどる ステップ2へ